電話でご相談

メールでご相談

どうやって?どこから借りれるの?を解決
ローンの窓口

金融会社は融資できない理由(審査落ち)を細かく説明しません。
その結果、理由も分からず、様々な金融会社に たらい回しにされていませんか?

弊社は金融のプロです。
お客様が審査に落ちた理由もわかります。

ご希望の条件で、
お客様と金融会社を繋げます。

まずは無料相談へ。ご相談だけでも結構です。

審査落ちには必ず理由があるんです!

 

 

審査期間は心配で気が重い時間を過ごし、審査に落ちてしまうと挫折感で自信を喪失し、
それでも次の方策を考えなければならないというとても苦しい状況に置かれます。

そんな時はやみくもに別の金融会社をあたるのではなく、
まずは金融のプロに相談をしてみませんか?

マンガで分かる「ローンの窓口」

お金が借りられない理由とは?

融資がダメだった理由は教えてもらえません

融資会社は、会社独自の審査基準と信用情報機関からの情報で審査します。

前回の審査が誤字脱字など簡単な理由で落ちていたなら、次は通過する可能性もありますが、とりあえず申し込んで試すのは、時間と心労の蓄積に繋がるリスクが高いでしょう。

金融会社は、融資をお断りする際、審査が通らなかった理由を伝えないことがほとんどです。

そのため、対処や改善をすることもできず、理由は分からないまま貴重な時間を無駄に過ごしてしまう方が多くいらっしゃいます。

審査に落ちてしまう理由とは?

金融会社によって独自の細かい審査基準はありますが、おおむね似通っているものです。

よほど悪い評価ではない限り、対策を行うことで融資を受けられるようになります。

申し込み要件を満たしていない

金融会社の主な審査項目は以下の通りです。

完済時年齢 / 借入時年齢 / 年収 / 勤続年数 / 返済負担率 / 融資可能額 /  健康状態  担保評価 / 連帯保証 など

総量規制にひっかかる

総量規制とは、「貸金業者からの個人の借入限度額が年収等の1/3までに制限される」という規定のことです。

2010年6月に施行された改正貸金業法で定められています。また、1/3を超えていないかを確認するために、次の場合に年収等を証明する書類の提出が必要です。

ブラックリストになっている

以下のようなことがあると、信用情報にキズがついていることがあります。

過去に支払いの遅延や債務整理をしたことがある

過去10年以内に債務整理のような法的手続きを取った場合は、最長で10年間ローン審査が通過できなくなります。

その他の理由

保証人がいない。現在、債務超過がある。専業主婦、年金受給者である・・・など。

あきらめないでください!

審査に通らない方は、審査基準を理解していない場合がとても多く、一度落ちてしまうと自信もなくなってしまうものですが、金融に精通したプロが、抜けの無いようしっかりアドバイスいたします。

融資を断られてしまった方、これから融資を受けたいと思っている方、当社はお客様の現在の状況をできる限り改善して、ご希望の条件の融資を受けられるように助言・指導を行い、金融会社をご紹介しています。 まだまだ、あきらめるのは早いです!

ローンの窓口をご利用いただいたお客様の声

当社の「ローン相談の窓口」にご相談に来られたお客様からのアンケートの一部をご紹介します。
※お客様が特定されないよう、一部内容を修正しています。

「最後の砦」とはこのことです。本当に助けられました!

40代 男性 会社経営

事業継続のために早急にお金が必要でした。ですが、過去に金銭トラブルがあったため、今の状況は改善しているのにどこも融資してくれないという状況でした。

たまたま、インターネットで見たAMSさんの「ローン相談の窓口」に相談に行ったところ、当社の事業と同じ業種の会社に数多く融資している金融会社をご紹介して頂き、無事に融資を受けられることが出来ました。

信用情報の回復の相談にも、とても誠実に対応して頂きました。
AMSさんは私にとって本当に最後の砦でした。ありがとうございました。

融資の相談に行っては断られ…の繰り返しは、本当に辛く、時間のムダです

50代 男性 会社員

年収自体は低い方ではないのに、ローンの相談に行っては断られ、というのを繰り返していました。

会社を休んでローン相談に行くのは大変で、断られるたびに凹み、どんどん精神的にも追い込まれていきました。
ある時、「ローン相談の窓口」の存在を知り、どうして落とされるのか理由が知りたくて相談に行ったところ、銀行カードローンが総量規制に引っかかるようになったことを知りました。

そして、借り換え等のアドバイスをいただき、希望の融資をしてくれる会社まで見つけてもらい、無事にローンを組むことが出来ました。

個人的な事情も全て話し、とても親身に相談に乗ってもらいました

30代 男性 個人事業主

大型トラックが廃車になり、仕事の都合上どうしても購入しなければならなかったのですが、オートローンを組むことが出来ませんでした。一括で払う費用もなく、金融会社にローン相談に行っても断られることが続き、AMSに相談に行きました。AMSでは、今まで審査に関わるから話せなかった個人的な事情も「全部話してください」と言ってもらったので、包み隠さず全てお話ししたところ、とても親身に相談に乗って頂きました。

その結果、改善の余地があることが判り、融資してくれる会社も見つけていただき、無事に新しいトラックを購入することができました。

金融会社の金銭媒介業務とは?

当社には、金融媒介業務を専門とする部門があります

金融媒介業務は、貸金業法第2条第1項「金銭の貸借の媒介」に定められた以下の業務をいい、貸金業の登録を行った事業所が行える健全な融資業務です。

  1. 契約の締結の勧誘
  2. 契約の勧誘を目的とした商品説明
  3. 契約の締結に向けた条件交渉

総合マネージメントサービスは、貸金業法における「金銭の貸借の媒介」の業務として、お客様が希望する条件のローンを受けられるよう、与信改善などの助言や指導を行います。

今まで「審査に関わるから」と相談できなかった個人的なことも、ここでは全てご相談ください。

金融のプロの目線で、お客様の希望する条件に合う金融会社を探し、繋ぐまでサポートいたします。

イメージは保険相談窓口の金融版

保険商品を選ぶ時、あなたはどうしますか?

ネットで一つ一つの会社のホームページを開き、その中にたくさんある保険商品を一つ一つ見比べて選ぶのは大変です。最近では、会社の縛りをなくして、ニーズに合った保障内容の商品を紹介する相談窓口(代理店)をよく見かけます。

そのような保険相談窓口同様に、お客様に合ったローン商品をご紹介・取次するサービスが、当社の「ローン相談の窓口」です。用途に合った、少しでも条件の良いローン商品を、金融のプロがお客様の疑問を解決しながら一緒にお探しいたします。

また、ローン審査に落ちてしまった場合も、審査落ちの理由を調べて改善の指導を行い、金融会社の引き合わせまで行います。

煩わしい手間もなく、納得のローンが組めるようお手伝いするサービスです。

<ご注意> 全ての方に必ず対応できると保証するものではありません。審査状況によっては、お借入れできない場合もあります。

手数料はご融資が受けられた時のみです。

手数料は、お客様が無事に融資を受けられた際にのみ発生する成果報酬型です。 困っているお客様からご相談の場ですぐに頂くことはありません。 費用は、貸金業法に基づき、融資額の最大5%までとなっています。

安心してください!「紹介屋」ではありません!

「紹介屋」とは、あたかも融資するように思わせて実際は融資をせず、貸付基準の緩い金融業者をあらかじめ知っていて紹介を装う業者です。

「紹介だとは言わないように」等の指示を出すのも特徴の一つです。
当社の「ローン相談の窓口」は、金融商品取引業の業務の一つとして認められている金銭媒介業務ですので、安心してお問い合わせください。

ローンの窓口 ご相談フォーム

送信者様の情報

お名前(必須
フリガナ(必須
生年月日(必須
郵便番号(必須
ご住所
電話番号(必須
メールアドレス(必須
 
勤務先
雇用形態
入社年月
税込年収
給料日

希望されている融資について

融資希望額(必須
融資希望日(必須
現在お困りの内容
債務の有無(必須
あり  なし
債務の詳細
不動産の有無(必須
あり  なし
不動産の種類
不動産の所在地

個人情報の取扱いについて

お客さまがご融資を申込まれる際に、当社が取得した個人情報についてのご説明です。 下記をよくお読みになった上で、個人情報に関して当社の下記の取扱に同意される場合は、同意する をクリックして 送信内容確認画面 へお進みください。

  1. 個人情報の利用目的
    【 当社の取得または保有する個人情報は、次の目的に利用させて頂きます。 】
    1. 返済能力の調査
    2. 与信並びに与信後の権利の保存、管理、変更及び権利行使
    3. 本籍地に関する情報については、借主(債務者)確認及び所在確認
    4. 与信後の権利に関する債権譲渡等の処分および担保差し入れ
    5. 取引及び交渉経過その他の事実に関する記録保存
    6. 市場調査及び分析並びに金融商品及びサービス研究及び開発
    7. 商品及びサービスの案内
    8. 個人信用情報機関への提供
  2. 個人データの安全管理に関する基本方針
    【 当社は個人データの安全管理に関し、次のことを宣言します。 】
    1. 当社は、個人データの安全管理に関する法令、ガイドライン等を遵守いたします。
    2. 当社は、個人データの安全管理に関する規定を定め、必要かつ適切な措置を講じます。
    3. 当社は、個人データの漏洩等を防止するための技術的な措置を講じています。
    4. 当社は、従業者に対して、個人データの安全管理についての教育・訓練を行い、日常業務における個人データの適正な取扱いを徹底致します。
    5. 当社は個人情報の適切な管理のため、「個人データ管理責任者」及び「個人データ管理者」を設置しています。
    6. 個人データの取扱いを委託する場合は、委託先に対して、必要かつ、適切な監督を行います。
      当社は、個人データの安全管理措置に関する質問及び苦情を次の窓口で受け付け、速やかに回答・処理いたします。
      《 窓 口 》  東京都中央区日本橋3丁目6番13号
      株式会社 総合マネージメントサービス
      03-5201-3821
      https://www.ams-tokyo.co.jp
      当社は、この方針の継続的な改善に努めます。
  3. 個人情報の管理について
    当社が加盟する信用情報機関及び当該機関が提携する信用情報機関の名称及び連絡先は以下の通りです。

    当社が加盟する信用情報機関
    株式会社日本信用情報機構 
    TEL:0120-441-481 / URL:http://www.jicc.co.jp/

    当社が加盟する信用情報機関が提携する信用情報機関
    ●全国銀行個人信用情報センター
    TEL:03-3214-5020 / URL:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
    ●株式会社シー・アイ・シー
    TEL:0120-810-414 / URL:http://www.cic.co.jp/

個人情報の取扱いに同意する

会社概要

商号
株式会社 総合マネージメントサービス
代表
白石 一雄
WEBサイト
https://www.ams-tokyo.co.jp/
http://loan-help.jp/
所在地
103-0027
東京都中央区日本橋3-6-13 アベビルディング3F
電話番号
代表:03-5201-3821
FAX番号
03-5201-3825
営業時間
月〜金 9:30〜19:00  土 10:00〜17:00
定休日
日曜・祝日・祭日
設立
2002年2月
資本金
8,400万
業務内容
不動産担保ローンの貸付業務 / 不動産の総合ファインナンス / 不動産の売買・仲介
不動産のコンサルティング業務 / 不動産投資信託 建設・内装業務
登録番号
日本貸金業協会会員 第003672号
東京都知事(7)第25131号
(社)東京都宅地建物取引業協会 東京都知事(4)第81043号
指定信用情報機関
日本信用情報機構(JICC) 指定紛争解決機関 日本貸金業協会 
貸金業相談・紛争解決センター          
〒108-0074 東京都港区高輪3-19-15          
TEL:03-5739-3861
主要取引銀行
三菱東京UFJ銀行 八重洲通支店 みずほ銀行 八重洲口支店